佐賀県武雄市黒髪山のふもとで、粉引き・焼締めなどの器を制作しています。
佐賀県武雄市黒髪山のふもとで、粉引き・焼締めなどの器を制作しています。

袋物いろいろ

 

急須や汁次など空気を包みこような形状の器を

業界用語では、袋物という。

ナンはこの袋物が得意分野だという。

注ぎ口やハンドル、ふたなどそれぞれに作って最後に土の乾き具合を見ながら

接着して仕上げてゆくが、これがなかなか手がかかる。

蓋がピッタリ合わないといけないので、一個につき2~3個予備を作って

形を仕上げる。そして、ピッタリくる蓋を合わせるのだ。

一度そばで見たことがあるが、せっかちな私は気の遠くなるような仕事に

深いため息が出てしまった。

急須となると中に茶こしも取りつけなければならず、さらに難易度は上がる。

ナンはこの一つ一つ穴をあける作業も、業務用のパーツを使わず全部手作業でやる。

知り合いのギャラリーの人に、「なんで修行僧みたいなことをやるんだ」と

苦笑されたこともあるが、ナンは意に介さない。

時間と手間がかかるので、もちろんたくさんは作れないが

作ると個展ではほぼ完売するため、桃林窯のギャラリーに急須があることはめったにない。。

うちのギャラリー用にも作って・・と、今まで何度となく頼んだけれど

作るには気合がいるのか、なかなかエンジンはかからない。

先日仕上がったそんな袋物をうちのギャラリーにおいて

久しぶりに賑わった桃林窯ギャラリーは、ようやくうららかな春を迎えている。

キーマ

 

 

 

 

粉引のポットと汁次、小さな足のついたカップ&ソーサー。

この汁次、ナンはオリーブオイル入れを頭に描いて作ったそうだ。

細ーく出てくるので朝のパンに使うオリーブオイルにはぴったりだと思う。

 

 

 

 

この袋物、実は酒器だ。

日本酒や紹興酒なと、少し温めて飲むお酒に向いている。

す~っとながれるように出てきて後引きもしない。

蔓は山からとってきたものをいただき、ナンが手作業で編んだものだ。

角樽をイメージしていて、ちょっと粋かな?

ぐい飲みは、面取り、足つき・・それぞれだ。

 

 

 

 

こっちも酒器。こちらのほうがより角樽をイメージしているのがよくわかる。

見えにくいけれど、小さな足のついたぐい飲み2種。

うちのぐい飲み、お酒が好きな私達だからちょっとだけ大きめ。

 

 

 

こちらの袋物はコーヒーポット。

取っ手にキズが入ってしまって、お嫁に出せずうちのギャラリーで使っている。

戴いたシュトレーンとコーヒータイムした時の一枚。

 

 

 

 

 

 

--
桃林窯
〒849-2305
佐賀県武雄市山内町宮野1832-1
TEL 0954-45-6186
https://touringama.com/

2 Responses
  1. タタタララ

    袋物いいですよねb
    僕は子供の頃、陶芸教室で見たとっくりに、なんでこう作れるの?と、
    不思議さと魅力を感じた事を覚えています。
    陶芸歴20年の今でもとっくりは好きです。
    ぐいのみに対してなかなか売れず、在庫は増える一方でまだまだですw

    師匠の徳利、それぞれ口の作りの遊びが面白いですね。
    ありそうであまり見ないカタチ。けどヤらしさ全然ないです。←(エラソーすね。

    1. 桃林窯

      こんにちは、久しぶり!!
      コメントに気が付かずすみません。。。
      元気ですか?

      袋物は時間がかかるけど、ナンは気が向くと作っています。
      酒器は、男性が買い求めることが多いですね。
      茶器は女性が多いかな?

      6月に東京で個展をしますよ。タタタララさん、東京に来ることがあれば
      会いたいなぁ・・・。   キーマ

コメントする

CAPTCHA


最近の投稿

クリスマスのプレゼント
2018年12月21日
初冬の新作いろいろ・・
2018年12月10日
晩秋の頃
2018年11月9日
鯉こく料理の思い出
2018年9月15日
仕切り直しのオンクリ旅行
2018年9月2日

イベント

桃林窯 隠れ家ランチフェアのお知らせ
2019年7月15日
吉田求 展
2019年5月14日
春の窯開きのご案内
2019年4月15日
吉田求 春の新作 器展
2019年2月24日
薬膳カレーランチ+冬のスイーツフェアのご案内
2019年1月7日

アーカイブ